2018、古典柄な浴衣が流行る?

2018年の浴衣コレクションが発表され、今年の新作が販売されていますが、今回は赤色テイストをはじめ様々なデザインが発売されているようです。

撫松庵は白い花柄に赤色の鮮やかな色合いが使われてていて華やかですし、ブルーの帯が落ち着いた雰囲気を演出しています。

涼しげなブルーが印象的な浴衣は、幾何学模様が用いられていて夏にピッタリですし、白地に鳥の絵が入った帯はとても上品な印象を与えています。

レトロモダンやコンテンポラリーやクラシックといったテイストの浴衣が提案されていて、大胆で個性的なデザインの中にも奥ゆかしさを感じられますし、今年のトレンドの浴衣を来てお出かけしてみてはいかがでしょう。

赤色を使った浴衣や帯や和小物も多く、花柄や古典柄で日本の魅力を表現しているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top