歴史の古いチェック柄、意外な由来と種類とは?

シーズン問わず、いろいろなアイテムでも使われているチェック柄ですが、実は古い歴史と由来と種類があるのだそうです。

もっとも定番な柄といえばタータンチェックはスコットランドが発祥のチェック柄であり、赤をベースとして黄色や白、黒など幾つかのカラーが使われているのです。

ひし形のアーガイルチェックも同じくスコットランドが発祥で、もともとは民族衣装として使われていたとのことですが、現代でが紳士服などでよく見られる柄ですね。

春夏のアイテムで使われることが多いギンガムチェックは、白をベースに単色を使って交差した模様を作り上げており、イギリスのエプロンで使われていたのが発祥なのだそうです。

他にも日本では千鳥格子と呼ばれているハウンドトゥースやグレンチェックなど種類は様々なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top