リミ・フゥ、2018年春夏は海をイメージ

リミ・フゥが発表した2018年春夏コレクションは、サンセットというテーマで芯の通った力強さや存在感が表現されています。

ブラックのベストではメッシュ素材のドレスを採用しており、静かに佇みながらも真っ直ぐな意思が感じられますし、ブラックドレスはドレープで荒涼とした波を表現しているのです。

もちろんピンクや水色などの明るくて鮮やかな色のアイテムも複数あり、光沢のある生地を伝統技法で染めて使用し、上品な発色になっていますよ。

燃えるような赤色で太陽を表現した組み合わせや、サンセットの海を連想させるマリンルックはゆとりのあるシルエットが特徴的です。

美しいフォルムはリミ・フゥならではであり、素材と立体的なファッションが存在感を放っているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top