老舗が開発したサンダルが国内外で人気

京都で100年以上に渡って履物を作り続けている老舗「ない藤」が作成した新しい履物である「JOJO(ジョジョ)」が国内外で人気を集めています。ぞうりからビーチサンダルへといったコンセプトから誕生した新しい履物で、春夏シーズンにかけて販売先を拡大するそうです。

脱いでも美しいを目指したデザインでビーチサンダルを履きたくないといった年配の男女を含めた幅広い層から支持を得ています。
国内では約20、海外では5店舗のセレクトショップで販売され、今年は新たなユナイテッドアローズやジュンといったセレクトショップの大手企業の取引が拡大しています。価格はサイズによって異なり、SS・S・Mは23,000円、L・XLは24,000円となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top